ラクティス

燃費や環境性能などが問題になっていくにしたがって、自動車業界にもそのしわ寄せがやってきました。その結果、ハイブリッドカーやコンパクトカーなどの人気が高まっています。後者のジャンルには様々なものが有りますが、トヨタからはその昔ファンカーゴと呼ばれる物が発売していました。その後継車種として登場したのが「ラクティス」です。その特徴はなんと言っても、広い室内スペースにあります。1300cc、1500ccのエンジンを積んでいるにもかかわらず、最大限まで空間を確保しているのです。経済的で走行性にも優れ、さらに160万円前後の値段という低価格を実現しています。今では2代目が新車のディーラーで購入することが出来ます。これは、スバルのエンジニアたちと共同開発しているのが話題となったり、燃費基準においても高水準を達成しています。

コンセプト

トヨタが発売していたトールワゴンのファンカーゴの、後継車種として登場したのがラクティスです。2005年に初代が誕生し、そのコンセプトの多さが話題となりました。「広大なスペース」、「思い通りのレスポンス」、「低燃費排出」、「かつて無い開放感」、「軽快な走り」、「カッコイイスタイル」と幾つもを掲げ、それを実現してしまうという技術力の高さがうかがえたからです。ラインナップには1300ccと1500ccエンジンの2つがあり、小排気量ならではの燃費の良さがウリです。それからそれを維持しつつも、広い室内空間を叶える設計がされ、居住性と経済走行性の高さを出すことに成功しました。またスタイリングの面において、こうしたコンパクトカーではめずらしい16インチのタイヤや、本皮巻きのステアリングとシフトノブを採用しカッコ良さを表しています。このように一見相反する理想を兼ね備えているのが、このラクティスなのです。