ハイジーナ脱毛

ハイジーナ脱毛基礎知識

本当の本当のハイジーナ脱毛基礎知識

ハイジニーナとは、「ハイジーン(hygiene)」衛生という意味の英語からできた和製英語で、日本の脱毛サロンでつかわれますが、英語圏の国では意味が伝わらない言葉です。
脱毛サロンでこの言葉使用をする場合は、VラインIラインOラインのデリケートゾーンの毛をすべて処理することで、「衛生的な体を表現する」という意味で使われています。
ハイジニーナは、欧米では普通に処理されていて大人の常識といわれますが、日本ではハイジニーナ(つるつるの状態にすること)ではなくVラインを整えIIライン、Oをラインを完全に処理することが、日本では主流のようです。
Vラインとはショーツや水着を身につけたときのV字に沿った箇所のことを言います。
日本には温泉文化もありますので、脱毛サロンでは、人気のあるメニューの一つです。ギター01
あえてハイジニーナにせず、逆三角形が一番人気があります。
Iラインは足の付け根の部分で、陰部の両側の箇所です。
ここは、皮膚がとても薄く傷つきやすいので、不用意にカミソリや毛抜きで自己処理をすると、感染症の恐れもあり、注意が必要ですので、プロにまかせたほうが安全です。
Iラインは、生理の際に、ナプキンによるむれ、かゆみ、かぶれやけに経穴がつくのを防げるので処理をしてよかったといわれる箇所です。
ただ、デリケートゾーンなので、ある程度の痛みは避けられません。
Oラインは肛門部なので恥ずかしさがさきだちますが、施術者はなれていますので、特に気にする必要はないといわれていますが、施術者と信頼関係を気づくことが大切で、カウンセリングのときに、ゆっくり話し合ってくといいのです。