ハイジーナ脱毛

ハイジーナ脱毛基礎知識

未分類


痛いって本当?

2015年8月24日 - 13:14 | 投稿者 あめんぼ

ハイジニーナにするメリットは、たくさんあります。
デリケートゾーンは常に下着で覆っているため湿気がこもりやすく、そのせいで蒸れると痒みを感じることがあります。
寝ている間など無意識のうちに掻いてしまえば、炎症が起こり、さらに症状が悪化していきます。
また毛があると、そこに生理時の経血や尿などが付着しやすいせいで、清潔感とは程遠くなります。
衛生面を考え肌を守るためには、ムダ毛はない方がすっきりするのです。
また、毛が長すぎて下着や水着からはみ出ることもありますし、しっかり処理したとしても濃い毛が伸びてくるとチクチクしてきます。
ハイジニーナにすれば、こういった不快な症状がすべて解消されるようになります。
そんなハイジニーナですが、施術では痛みを伴うため、それを我慢しなければなりません。
皮膚が薄く刺激に敏感な箇所ですので、仕方がないことなのです。
痛みに強いかどうかにもよりますが、VとOは耐えられる人でも、Iはビックリするほどの激痛を感じるかもしれません。
ここは色素が濃い部分であるため、脱毛の光が毛根に届く前に反応してしまうからです。
事前に麻酔を施す場所もありますが、ほとんどは肌表面しか効果がなく気休め程度です。
しかし実際にはIラインの脱毛を済ませる人は多いですので、それを考慮すると我慢できるくらいの痛みだとも言えます。

カテゴリー 未分類 | 痛いって本当? はコメントを受け付けていません。

メリットはあるの?

2015年8月24日 - 13:14 | 投稿者 あめんぼ

水着や下着を綺麗に着用する為に、Vラインの脱毛をしておきたいと考える人は多くいます。
ですが、Vラインの脱毛を考えるのであれば、合わせてIライン、Oラインの脱毛も考えておく事がお勧めです。
VIO脱毛は、ハイジニーナ脱毛とも呼ばれ、メリットの多さから高い注目を集めています。
VIOラインのムダ毛を綺麗に処理しておくと、水着や下着を着用した時に、毛がはみ出す心配がなくなるだけでなく、水着や下着を着用した時のシルエットも美しくなり、より綺麗に着こなす事が出来るようになります。
更に、デリケートゾーンにムダ毛が生えていると、風通しが悪くなり、蒸れやすい状態となってしまいます。
その上、ムダ毛は経血やオリモノを絡めた後、そこに留める働きも持っている為、ムダ毛をそのままにしておくと、蒸れや痒みが起きやすい原因となります。
生理中に、デリケートゾーンに不快感を感じやすい人の場合、ムダ毛が原因になっている事が少なくありません。
VIOラインを綺麗に脱毛しておくと、そうした不快感からも解放される事になります。
VIOラインの脱毛といえば、恥ずかしいのではないかと考える人も少なくありませんが、しておくメリットは大きい事が特徴です。

カテゴリー 未分類 | メリットはあるの? はコメントを受け付けていません。

個性的な形も自由自在

2015年8月24日 - 13:14 | 投稿者 あめんぼ

20代の女性にアンケートをとったところ、アンダーヘアの処理をしたことがある女性は、(自己処理または、エステやクリニック処理すべてを含めて)70%にも上ることが分かりました。
アンダーヘアはデリケートゾーンのムダ毛を除くことですから、自己処理は、もし失敗して肌トラブルが起きると怖いので、エステやクリニックを利用したほうが、安全です。
今のVゾーンの形は、逆三角形が一番多く、次の卵型にしている場合、それをさらに小さくしたり、さらに小さくしてI型にしている場合もあります。
ショーツや水着からはみださないことが目的で処理をすることが多くなったハイジニーナ脱毛ですが、オシャレを目的にVゾーンをハート型にカットすることが流行し始めています。
Vゾーンの形も自由自在にできる時代がやってきているのです。
注意すべきことは、ハイジニーナ脱毛は、エステで処理すると、20回前後通わないと、効果が出てきません。
医療用のレーザーでは5回から8回で処理ができます。
エステでこの部分の脱毛を始めても、クリニックに途中からかわる人が多くいます。
レーザー脱毛は、輪ゴムではじいた程度の痛みが最初の2回ほどはありますが、これに耐えると、痛みはかんじにくくなります。痛みを少なく処理してもらうと期間が長くかかってしまいます。

カテゴリー 未分類 | 個性的な形も自由自在 はコメントを受け付けていません。

スタンダードな形は4種類

2015年8月24日 - 13:14 | 投稿者 あめんぼ

VIO脱毛をしたいけれど、どんな形やデザインにすれば良いか、もしくはどの程度薄くすれば良いのか迷っている方も少なくありません。VIO脱毛の形の中でエステサロンで行われてい主要なデザインを把握し、自分に最も合ったものを選択するようにしましょう。
まず1つめが、逆三角形です。逆三角形では、IラインとOラインは全て処理をします。Vラインはサイドと上がビキニからはみ出ない程度に整えます。10代から40代くらいに全ての女性に人気のあるデザインとなっています。また、整える部分がVラインと上部分のみのため、サロンに通う期間も少なく、安価なことも人気の理由となっています。次は、たまご型と言われるデザインです。普通の三角形の角を丸くしたような形で、20代前半から30代前半の女性に人気があります。ナチュラルな印象で、いやらしさをあまり感じさせないのがこのデザインの特徴です。3つめは、I型と呼ばれるデザインです。シャープなI型はきわどい水着などを着るときにも向いており、海外の女性に多いデザインでもあります。4つまはトライアングル型と呼ばれるデザインです。形は逆三角形と同様ですが、逆三角形よりもVラインと上部分の脱毛部分が多くなり、小さめの逆三角形となります。

カテゴリー 未分類 | スタンダードな形は4種類 はコメントを受け付けていません。

好みの形に脱毛できるって本当?

2015年8月24日 - 13:13 | 投稿者 あめんぼ

ハイジニーナ脱毛とは、デリケートな部分の毛をすべて処理することです。
ここの毛をなくすことで、様々なメリットが生まれるのです。
まず見た目がすっきりするため、パートナーの前でも毛が濃いなどの悩みを抱えることがなくなります。
そして、トイレに行ったときや女性にとって憂鬱な生理の時期を、少しでも快適に過ごせるようになります。
衛生面でもよいことだらけで、つねに清潔を維持することができます。

そんなハイジニーナ脱毛ですが、中にはすべての毛をなくしてつるつるにするのは恥ずかしいと考える人がいるかもしれません。
実は同じように思う人が多いのも事実であり、そういう人たちが安心して脱毛を受けられるよう、Vラインを残して処理してくれる場所が多いのです。
毛がぼうぼうの人は毛を全体的に薄くすることもできますし、周りの毛をなくして小さ目の好きな形に仕上げることも可能です。
特にタマゴ型や逆三角形、長方形などが人気があり、パッと見はハイジニーナだと分かりにくく、温泉などでも他人の視線が心配になることもありません。
もちろん、こういった形以外もOKで、その人の希望するデザインにて脱毛することもできます。
自分が利用する脱毛施設で対応してくれるかどうかを、事前にしっかり確認しておくことが大切です。

カテゴリー 未分類 | 好みの形に脱毛できるって本当? はコメントを受け付けていません。

ブラジリアンワックスとは

2015年8月24日 - 13:13 | 投稿者 あめんぼ

ブラジリアンワックスとは、主にVIOラインのアンダーヘアに塗って固めて、毛を引き抜くというワックス脱毛になります。アメリカでは一般的な脱毛方法で、専用の脱毛サロンで行うことが一般的でしたが、最近ではセルフ処理ができるワックスが販売されており、自分で処理を行う女性も増えてきています。
自分で行うことでデリケートな部分を人に見せなくても良いというメリットのほか、レーザー脱毛などに比べるとコストパフォーマンスが良い、毛根から引き抜く脱毛方法のためカミソリや電気シェーバーで行う処理よりも仕上がりが綺麗、カミソリなどの処理よりも毛が生えてくるまでの期間が長いため手入れの回数が少なくてすむ、広い範囲を一気に処理することができて時間が短縮されるなどのメリットがあります。ドラム
綺麗に仕上げることできるブラジリアンワックスですが、デメリットもあります。無理矢理毛根を引き抜くため肌への負担が大きく、出血や炎症などのトラブルを引き起こしやすい、皮膚の角質も剥がしてしまう、慣れないと失敗してしまうことも多い、永久脱毛ではないため定期的な処理が必要などが上げられます。
行う場合には、終った跡は冷やしたタオルで毛穴を引き締め、低刺激を心がける、保湿をしっかり行うなどのケアが重要です。

カテゴリー 未分類 | ブラジリアンワックスとは はコメントを受け付けていません。

トラブルの少ない脱毛方法

2015年8月24日 - 13:12 | 投稿者 あめんぼ

ハイジニーナ脱毛では、女性のデリケートゾーンの脱毛を行って行きます。アンダーヘアは他の部位に比べると、毛が太く濃いという特徴があります。腕や脚でしたら直接見ることができるので、カミソリなどで自己処理できますが、この部位は自己処理しにくいです。無理に剃ろうとすると、お肌を傷つけてしまうこともあります。
そこで、トラブルの少ない脱毛を行うためには、エステ脱毛や医療脱毛などプロの手で施術してもらいましょう。恥ずかしい部位で、ためらってしまう人もいますが、プロの目で見ているので、恥ずかしがる必要はありません。一度脱毛すれば、毛が生えてこなくなるので、自己処理を行わなくても良くなります。サックス02
医療脱毛は、医師がいる医療機関での脱毛です。皮膚や毛の状態を医師が診察した上で施術をするので、自分に合った脱毛ができます。エステには医師がいませんが、その分安く脱毛することができます。どちらの方法も、毛が生え変わっているので何度か施術を受ける必要があります。お肌が弱くて心配な場合は、医師がいる医療脱毛を行った方が安心です。万一のお肌のトラブルがあっても、すぐに診察してくれ、薬の処方も可能です。エステ脱毛では診察や薬を出すことができません。

カテゴリー 未分類 | トラブルの少ない脱毛方法 はコメントを受け付けていません。

海外での流行が日本に輸入

2015年8月24日 - 13:12 | 投稿者 あめんぼ

日本でも徐々に人気になりつつあるハイジニーナですが、海外ではもうほとんど一般的な常識であると言われるほど脱毛している人が多いようです。

アジア諸国では地域によっては生やしているのが当たり前で全く処理しないという人もいますが、今は男性でもハイジニーナを一般的だとして処理している人が増えてきています。

なぜそこまで流行っているのか、その理由は一体なんなのでしょうか。

ヨーロッパのサッカー選手なども脱毛している背景には、毛が見えていることは清潔感がないと判断されると考えているからというのが有力な説なようです。サックス01

また、女性であれば水着や下着を気にせず好きなデザインを選べるという利点と、生理の時に毛が蒸れたり汚れたりすることがないというのもメリットのようですが、いまいち日本では全部ツルツルにする人は少ないのは何故だと思いますか。

それは、日本の文化として古くから存在する温泉や銭湯などの習慣があるからと言えます。

最近では、水着で入る温泉なども増えていますが、混浴や銭湯などは裸で入るのが普通であり、湯船にタオルを入れるのも禁止しているところもあります。

そういったところに行くのに、全く毛がないとやはり恥ずかしいという理由から、日本人は完全にツルツルにするのをためらう傾向にあるようです。

しかし海外と同じく、いずれ日本でもハイジニーナが一般的になっていくことは間違いないでしょう。

カテゴリー 未分類 | 海外での流行が日本に輸入 はコメントを受け付けていません。

デリケートゾーンを脱毛

2015年7月13日 - 10:01 | 投稿者 あめんぼ

暑い夏になると、いつもデリケートゾーンが蒸れて、かゆくなってしまうので辛いという女性は少なくありません。
かゆいからといって、人前でぼりぼりとかくわけにはいきませんし、親しい人にも相談しにくいので悩んでいる方もあるでしょうね。
そんな場合はデリケートゾーンに生えているムダ毛を脱毛し、清潔にすれば、雑菌が繁殖しにくくなり、かゆみに悩まされることもなくなるので、お近くのサロンで相談してみるようにしましょう。
デリケートゾーンのムダ毛を処理することをVIO脱毛といいますが、女性のエチケットとして、今では当たり前のように行われていることなので、恥ずかしがることはありません。
エステティシャンの方も慣れていますから、安心して任せるようにしてください。ギター02
VIO脱毛キャンペーンを行っているサロンを利用すれば、通常よりもかなり安い価格で施術を受けられるので、お金を節約したい方におすすめです。
格安だからといって、サロン側が手を抜くようなことはないですし、エステで使用しているマシンは肌に優しい設計なので、施術中に痛くて我慢が出来なくなるようなこともなく、何も感じない人がほとんどです。
一回の施術は短時間で済むので、仕事や学校の帰りに気軽に立ち寄るようにしましょう。

カテゴリー 未分類 | デリケートゾーンを脱毛 はコメントを受け付けていません。